シアリスの有効成分タダラフィルは作用時間・効果の持続時間に大きな特徴があります。お酒との相性に関しても解説します。

有効成分について

シアリス

シアリスを服用すれば、正常に勃起ができていない場合でも従来のように勃起するようになります。服用するだけで勃起ができる…ということは、それだけ有効な成分が配合されているということです。

シアリスには様々な成分が配合されていますが、その中でも特に「タダラフィル」という成分が大きく勃起に関係しています。

タダラフィルというのは、血管を拡張させて、勃起を阻害している酵素の発生を抑制します。

こうした作用はEDに効果がありますが、EDだけではなく前立腺肥大や肺動脈性肺高血圧症などにも効果があります。ですから、同じタダラフィルが配合されている医薬品でも症状によって医薬品の名称が変わります。

シアリスの有効成分はタダラフィルですが、配合量が5ミリ、10ミリ、20ミリの3種類があります。配合されている成分が多ければ多いほど強い作用をもたらします。

日本人の場合体が小さいので、少量でも十分な効果が得られます。ただし、人によってED症状の程度は違いますので、症状に合わせて処方されるシアリスの種類が変わってきます。

5ミリではあまり効果を感じられないものの、10ミリは強い…こうした場合には、ピルカッターなどを使用して適切なサイズに分割すると良いでしょう。そうすることで、自分にちょうどよい量のシアリスを服用できます。

効果が表れるまで

シアリスを服用すれば、悩んでいたED症状も改善されます。

ただ、ED治療をするからといって毎日シアリスを服用するわけではありません。シアリスは、性行為をするタイミングに併せて服用します。ですから、性行為をしない場合にはシアリスを服用する必要はありません。

では、シアリスはどのようなタイミングで服用すればよいのでしょうか?

シアリスを服用するベストタイミングは、性行為をする3時間ほど前です。シアリスに配合されている有効成分のタダラフィルというのは水に溶けにくい性質を持っています。ですから、服用してから効果が現れるまでには時間がかかってしまいます。

すぐに効果は現れませんので、女性と性行為をする予定があるという場合には前もって服用しておく必要があります。

また、シアリスの効果が現れるまでにはかなりの個人差があります。

効果が現れるまでの平均時間は3時間ですが、人によっては服用してから40分程度で効果が現れる方も居ます。

体調によっても効果が現れるまでの時間というのは変わってきますので、まずは試してみることをおすすめします。そうすることで、いざ女婿といい感じになった時…、ピッタリのタイミングで効果を発揮してくれることでしょう。

効果時間

ED治療薬にはそれぞれ特徴がありますが、シアリス最大の特徴といえば「効果の持続時間が長い」ということです。

バイアグラやレビトラなどのED治療薬の場合、効果持続時間には個人差はあるものの、最大でも5~6時間です。しかし、シアリスの場合は最大で36時間も効果が持続すると言われています。週末に服用すると休日が終わる頃まで効果が持続するということで、ウィークエンドピルとも言われています。

シアリスには5ミリ、10ミリ、20ミリという3つの種類があります。

それぞれで効果の持続時間は違ってきますが、最低でも24時間の効果が持続します。

効果の持続時間が長いと言っても、36時間ずっと勃起しているというわけではなく、36時間何度でも勃起できるということです。

そのため、何度でもセックスにチャレンジすることができますし、スローセックスをしても途中で萎えるようなことはありません。

シアリスは自然に勃起させることができますので、パートナーにEDであることを知られたくないという場合には、旅行前などに仕込んでおくとバレることはありません。

アルコールとの兼ね合い

バイアグラというのは、非常に食事の影響を受けやすいと言われています。そのため、バイアグラを服用するなら食事内容に気を付けなければなりません。しかし、シアリスの場合は食事の影響を受けないと言われておりますので、異性と食事を楽しんだ後にセックスへ持ち込むことができます。

しかし、成人の男女が一緒に食事をしてセックスをするとなれば、当然のようにアルコールがついてきます。どちらもアルコールが苦手…という場合には関係ありませんが、お酒が好きな男女であれば、シアリスとアルコールはどうなのか…?気になるでしょう。

シアリスというのは、食事だけではなくアルコールの影響も受けないと言われています。しかし、過度にアルコールを摂取してしまうと神経伝達が鈍ってしまいますので性的な刺激を感じにくくなります。よって、アルコールの影響がないと言われていても適度に押さえておくことが大切です。

適度のアルコールであれば、リラックス効果があります。そのため、女性と2人でいると緊張してしまう…というような方は、少量のアルコールを摂取しておくほうがよいでしょう。

もしも、相手がお酒好きで自分はお酒が苦手…という場合には、場の雰囲気を壊さないためにもノンアルコールビールなどを注文すると良いでしょう。ノンアルコールビールであればいくら飲んでも神経が鈍ることはありませんし、体調も崩れません。